睡眠の質をあげたら、あきらかに肌の質感が違う!早くするべき

睡眠が少なくなると、肌が荒れるというのはよく聞く話ではありましたが、私が実際に自分自身で体験したのは、仕事が忙しくなって毎日の睡眠時間が4時間とれなくなった時でした。とにかく、水分が少ない状態で、化粧のノリが悪くて悪くて…こんなにも、睡眠で違うのかと思いました。

睡眠を多くとりたい!と切実に思いましたが、これもよく聞く「お肌のゴールデンタイム」は、夜10時~2時といいますよね?それは…どんなに頑張っても、無理なのではないか…私だけではなく、現代の働く女性で、10時に寝れる女性ってたぶん少ないですよね…

でも調べたところによると、ゴールデンタイムって、寝付いてから最初の3時間のことを言うみたい!その睡眠が質の良いものだったら、お肌の再生はしっかりしてくれるらしいんですよね。それなら、私にもできるかも!!!と思って、以下の事を気を付けるようになったら、みるみるお肌の調子は変わっていきました。

絶対に守るべき3つのポイント

【注意点】
・寝る3時間前は食べない
・湯船には絶対つかるようにする
・寝る前は携帯をいじらない

徹底的に、睡眠の質をあげれるように、頑張りました。いろいろとどうしたら、良いのかWebページも検索してみましたが、難しくてよくわからない。。。とりあえず、リラックスする事でしっかり眠れるみたい。と把握して、自分なりにリラックスできるように実践しました。

寝る前3時間のうちに食べてしまうと、消化しよう!と身体が頑張ってくれて、リラックスして寝れないので、食べないようにする。

シャワーを浴びるだけではなく、湯船に入ると全然疲れの取れ方が違うので、湯船には10分はつかるようにする。

寝る前に、携帯をいじりたくなってしまうのですが、携帯をいじると目も疲れますし、どんどん夜更かししてしまうので、いじらないようにする。

この3つだけで、体感するお肌の調子は全く違いました!きっと自分なりのリラックス方法があると思うので、アロマ等たいてみても良いかと思います。”リラックス”これが、ポイントになると私は思います。

寝る前のホットアイマスクは至高

自分は睡眠が多く取れた時に肌のハリがとても良く感じます。しかし、睡眠を多く取れれば取れたほどムクミも大きくなります。なので、起床後のお顔のマッサージを心掛けています。

上から下に流すようにマッサージ、叩いて血行を良くするマッサージをメインにネットで調べたものをやっています。仕事上の関係で全く寝られないの時は、睡眠時間が3時間等になってしまうのですが、最悪の場合は頬の肌からブツブツと発疹のような物が出てきます。それほど睡眠時間は重要なものだと感じています。まずは、睡眠を最低5時間以上取ること、これは人の努力次第によって睡眠時間を確保できると思います。

もし睡眠時間を取らないと言うならば、寝る前にホットアイマスクと、保湿をしっかりとしてください。これは自論ですが、ホットアイマスクを行なってから寝たら睡眠時間をあまり取れない日でも肌の荒れが無かったのです、これはオススメできます。また、睡眠前の保湿をしっかりとしケアをして行ってください。